Youth man and the Sea

写真、フィルム、デジタル、音楽、それらの戯言

ループミュージックのような既視感と、日常の類似性について

f:id:kz_thr:20160509170113j:plain

ずっと同じ場面を見ていると、既視感に酔う時が出てくる。
しかし、酔うというのはネガティブな感情だけではない。

ループミュージックのように繰り返しが気持ち良いこともある。
歯磨き、仕事、昼食、夕闇、ランニング、会話、TV、枕。

同じものが同じタイミングで生活に現れて、消えていく。
明日もくる、明後日もくる、昨日もきた。

すると少しずつ麻痺していく、興奮が失われ高揚感もなくなる。
最後は、これが現のことなのか意識しなくなる。

「生きてるか」と問いかけなくても、生きている。
命が永遠に続くように気がする。

それはあくまでも気がするだけで、いつかは消えゆくんだ。
良く忘れがちになる。

お金があって、服があって、ご飯があって。
友達がいて、恋人がいて、空気と水と愛が飽くほどある。

忘れることは最も簡単なのに、思い出すのはこうも難しい。
死は突然訪れるのではなく、緩やかに侵食する。

なんて、悲しい。それも端から忘れるんだけど。

SLAVE

f:id:kz_thr:20160427154932j:plain
「結婚は人生の墓場だ」

少し俺が思う感覚は違う。結婚は確信犯での服役に似ている。

多くのことに制約がつく。例えば、他の女性には触れれなくなり。
どれだけ足掻いても、あの頃より、夜は短くなる。
子供が出来ると行動範囲は短くなり、金銭も時間も消失していく。

こう書き、書いたそれを眺めると、悪事のように思う。

ただ、間違っていけないのは、殉教徒のような感覚が得れるということだ。
凡ゆるものを、定めに従い断つ。この恍惚は、多くの悪事と引き換えで得る意味がある。

悪いことと、端から理解して犯しているんだ。
そこを間違えないでほしい。

愛の持続性

f:id:kz_thr:20160423181614j:plain

 

ずっと、愛しくあることは難しいかもしれない。

でも、ふとした時に湧き上がる感情の強さに驚く。

 

俺のわがままに笑顔で受け入れていく、君には頭が下がる。

ありがとうと言うのもおこがましい気がする。

 

諦めつつ、俺の人生を肯定しゆく君に末長く甘え続けたい。

喧嘩をしても美味しいハンバーグを作る君は俺を愛してるんだろう。

日常は気付かないうちに過ぎ去る。
そうじゃないと日常じゃない。

斥力


思い出は力強い。
斥力。

凛として、歩もう。
目標は犀の角だ。

パッションフルーツはすぐに熱を持つ。
情熱的だから、傷みが早い。

熱い愛撫の夜は明け方に皮膚がピリついてる事がある。
結果として、いきすぎる。

自棄にならないよう。
いかなる時でも。

月見草


会いたい人に会えない事を切ないと言う。
人間は孤独を埋めるために、多くを費やす。

時間と距離を殺すために、今も進化しつづける。
文字も、言葉も、音も、絵も、写真も、全部は効率的に伝えるためだ。

ただ、簡素な理解は時に乾きを濃くする。

そして、どうしようもない部分を性交で埋める。
粘膜にゴムをかまして擦っても何も生まれないのは理解してる。

それでも、それをしたいと思うのだから、我ながら俗っぽい。

手と局部を洗ってる間にも、現像に出してないフィルムが溜まる。
その間に季節は流れる。

夜は寝るものだと君が寝息で訴えてるよ。
何時にでも寝れると不思議と夜型になっていく。

忘れないように

忘れゆく事の中から、忘れたくない事を題材に曲を作ろう。

全て実体験の歌詞で、その時を切り取ろう。
時を経つ事が切ないのは、忘れるからいけないんだ。

思い出す喜び。ノートの上にインクを轢く。