読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Youth man and the Sea

写真、フィルム、デジタル、音楽、それらの戯言

飽くる日


何かが並ぶ、どれも安い。
勝負の日には履かれず、日常に潰されていく。

まるで、俺の人生だ。
個性だけ強調しても価値がなければ意味がない。

俺の、またはお前の、写真はどうだ?

愛情のこもった拳


意思が行動を生んで、行動が習慣を生んで、習慣が性格を生んで、性格が人生を生む。

ほんとにそうだと思う。
ハードコアを10年弱やってた彼は、酔いつぶれた後輩を平気で殴る。

それが良いか悪いかは、後輩と彼で決めれば良い。
ただ、俺はあんなに愛情のこもった殴り方は出来ない。

身体が痛いって笑顔で帰った後輩を見て、少しだけ全ての暴力が悪いんじゃないと思った。

記憶のコントラスト


記憶の中で君が放浪する。
身体が十代に戻ったような高揚を覚える。

昔から記憶をスクラップ記事のよう切り取って、集めてしまう嫌いがある。
確かに君の愛撫は力強く、肌に馴染んだ。
高級なデニムのように、フィットし、自分の肉体が綺麗になった気がする。
身体をラインをトーレスする、君の手の皮膚と口と舌。
寸法を測ったように、寸分の狂いなく収まる。

ほんとは、絶頂は一瞬だった。
俺は男なので、長くは果てれない。

果てに向かう時も、果ててる最中も、果てた後も、俺は君を苗字で呼ぶし。
君も俺を苗字で呼ぶ。

2人がどういう関係か話したことは一度もない。
でも、呼び名が体を表しているんだと思う。

夕闇の帰り道

f:id:kz_thr:20160519012713j:plain

 

全てを知ったふりになっても、わからない事は多くある。
この写真がなぜ撮れたのか、どんな気持ちでシャッターに指をかけたのか。

全てを知ったふりになっても、わからない事は多くある。

わかるために、何をするか。
嫌になるほど、考えてる。君の事だったり。自分の事だったり。
意地悪なこの世界のことだったり。

でも、分かった気になった夜も、忙しない朝にかき消されていく。
それでもなんとか、負けたくない。