読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Youth man and the Sea

写真、フィルム、デジタル、音楽、それらの戯言

罵詈

俺にとっての恋愛は女性は、「贅沢」だと「娯楽」だと滅多打ちに罵倒される。嫌な気はしない、明晰で感受性が敏感で、でもウブな彼女にとって、それらは愛撫に近しいんだろうなと思うと胸が甘くなる。浮つきたい気持ちと浮つきたくない気持ちの狭間で足掻く1…

あと少ししたら、この道を通らなくなると思うと不思議な気持ちになる。恐らく人生でもっとも早く起きて、人生で最も遅く帰った。この2年半は、四半世紀ちょいでもっとも働いた期間だった。最後まで、負けるな俺。

戯言

一人の夜を探して旅にでたい。無精髭を飽きるほど蓄えた頃に「ただいま」と言いたい。今も昔も一人の夜が寂しいと、教えてくれる君は偉大だ。