読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Youth man and the Sea

写真、フィルム、デジタル、音楽、それらの戯言

「歩く」と言う遊び

f:id:kz_thr:20151129014255j:image
歩くのが好きだ。
身の丈にあった速度で進み、目につくものに意見を述べる。
隣に誰もいなくても、いいし。
隣に誰かいるなら、最高だ。
その誰かが気が合って、笑い合える関係なら、この上ない。

人と人はすれ違いばかりで、同じ方向に歩けるのは、人生では一時だ。
その一時の事実を忘れて、同伴を享受することは幸せに違いない。
そして、良く忘れがちな、事実を思い出せる夜は尊い。

張った脹脛を少しだけ労って、寝床に着こう。