Youth man and the Sea

写真、フィルム、デジタル、音楽、それらの戯言

さぁ、今日も、美味しいものを食べよう。

f:id:kz_thr:20180522095719j:image

美味しいものを食べよう。

嫌なことがあった日に。例えば、雨の日に。

良いことがあった日に。例えば、晴れの日に。

 

賢しくなればなるほど、自分が動物だって忘れる。

まるで、システマティックで、すごく高機能な何かと思ってしまう。

 

でも、実はそんなことなくて、ただの生き物なんだ。

長ったらしい文章もかけるし、スマートフォンで海外ドラマを見れる。

レイトショーで映画を観に行くぐらい、うまく時間を使うし。

わからない事は全部調べて、わかって気になると安心して、また、忘れる。

多くの時間を生き物っぽくないように生きてるから、忘れがちだけど。

 

やはり、俺は、ただの生き物なのだ。

 

美味しいものを食べると安心する。

ほっとする。心の奥底がじわっと暖かくなるんだ。

そりゃ、そうだ。空腹は死の赤ちゃんだから。

そんな自分を見ると、生き物であるということが、わかり、さらに安心をする。

 

だから、俺は美味しいものを良く食べるようにしてる。

極力、季節のものを選びつつ、作り手の顔が見えるような小さな店で、

そこにしかなくて、それでいて美味しいものを食べる。

 

綺麗な油に、小ぶりなコロッケたちが泳ぎ立つ様を観てるだけで幸福を感じる。

紙につつまれて、その紙ごしに温度が伝わり、衣のサクサクさを指先で味合う。

口に運び、「暑いから気をつけろ」と、「暑いうちに食べろ」が、大喧嘩する。

齧ると、熱気が口の中にひろがり、肉汁の旨味と芋の甘みが押し寄せる。

思わず、にこやかになる。

 

口の中が火傷しきったころ、胸が暖かくなり、笑顔が溢れる。

そして思う、やはり、俺は、ただの生き物なのだ。

 

さぁ、今日も、美味しいものを食べよう。

野次馬の語源が気になり、調べてみたところ。

f:id:kz_thr:20180518154308j:image

野次馬の語源が気になり、調べてみたところ。

 

親父馬が語源となっていた。

なるほど、面白い。

老いた馬は仕事をすることが出来ないので、眺めるしかないのである。

 

カメラを持った俺は、完全に野次馬である。

キョロキョロしながら歩く。

自分の心が騒ぐものがないかを必死に探す。

世界を見る目が少し厳しくなる。

普段は流していた景色も、価値があるのかを考え出す。

つまり、もう一度世界を精査するのである。

そして、その中から素晴らしいものを探す。

 

見つけるとおもむろに、カメラを構えファインダーを覗く。

「世界、お前は素晴らしいぞ」と褒め称えるかわりに、

あのシャッター音を鳴らし、この世界に賞賛を送る。

 

ただ、少し悲しいな、と思う。

カメラを持つ以上、絶対に当事者にはなれないのである。

観客は、プロセニアム・アーチは踏み越えれない。

俺は、その出来事に仕える事が出来ないために、見る事しかなせない。

なんと、懦弱な存在だろうか。

素晴らしい世界に属する事は出来ず、素晴らしい世界を眺めることしか出来ないのだ。

 

野次馬と化したカメラを持つ人間は、どこか悲しい、生き物だ。

それでも、また週末はカメラを持ち、この世界を見にいくんだろうな。

餃子の死体

f:id:kz_thr:20180517154744j:image

死は近い。

わずか、1m下にあるだけで価値がかわる。

皿か地面か、それだけで価値がかわる。

 

大行列にならび、数時間かけ、手に入れたものでも、わずか一瞬にこうなる。

不思議だ。

死んだ餃子をじっと見て、シャッターを切った。

 

帰り道に、この餃子の死体をふと思いだして、誰かに踏まれる前に食べれば良かったのではと思った。

その後に、なんて卑しいんだと自責し、さらに落ち込んだ。

俺の日常は祝福されている。

f:id:kz_thr:20180515102806j:image

俺の日常は祝福されている。

多くの不幸や悲しみを、呪い殺して、俺はここまで来た。

 

もし、俺の祝福を邪魔するものがいるのであれば、

さらに大きな、祝福を持って、俺は俺自身を幸せに導いてく。

 

つまり、今日も美味しい晩御飯を、彼女と二人で狭いキッチンで作るということだ。

 

冷たい微熱をひきつれ、くたびれた夜を歩きつつ、思うこと。

f:id:kz_thr:20180508092159j:plain

俺は薄情な人間だ。

もう面倒くさいものには首を突っ込まない。

 

1人で生きてくには長すぎるが、誰かに構うには短すぎる。

夏の夜に集る紙魚。

f:id:kz_thr:20180508092718j:image

涼しい風が頬を撫でる。

まるで少女のうなじのように、純白な風だ。

 

初夏はいつでも、新鮮であり、肉体と精神を若くしてくれる。

少年の額ような太陽に、初恋の恋文のような若々しい木々の葉。

 

ファインダーを覗き、さらにメガネを挟み、そして銀塩に焼き付ける。

そうでもしないと、俺は「若さ」を直視出来ないほど、年老いたのだ。

 

若さに、畏怖を感じる時がある。

河原で何をするわけでもなく、夜を待つカップル。

愛の永続性を、頭ではなく心で信じてる二人。

それを覗くと、老婆心ながら不安になる。

 

人生は有限である。

眠りは死の従兄弟であり、沈黙は死の息子だ。

夜を待つのではなく、迎えにいく。

そして、多くの人と、多くを語らう。

 

夏の夜は息が長く、まるでバードマンのカメラワークのように、切れ間なく続く。

白いヘインズが汗を吸い、草臥れるまで遠回りをして進もう。

季節によって、言葉は紡がれる。

 

f:id:kz_thr:20180507151404j:image

季節によって、言葉は紡がれる。

前方に太陽があるときに、影は視界に入らない。

まるで、日常が輝きますと死が姿をひそめるように。

ただ、確実に、足元に死はまとわりついている。

 

夜の底に、トイレにいく。

戻ってきてみると、彼女の毛布が剥がれていた。

可哀想だったので、彼女に毛布をかけ抱き寄せた。

すると、俺の胸に2度顔をこすりつけ、彼女はまた寝た。

 

季節によって、言葉は紡がれる。