Youth man and the Sea

写真、フィルム、デジタル、音楽、それらの戯言

「こっち」から「向こう」

f:id:kz_thr:20180721034750j:image

はるか遠方に、向こう岸が見え出す。

俺の旅には、フェリーがつきものだ。

 

大切なのは、こっちではない、向こうだ。

こっちと、向こうの間に、海が横たわり、それを跨ぐことで、向こうへつく。

この儀式が、旅において、最重要である。

 

海により、日常が断絶され、非日常に赴くのである。

なので、俺は旅により、フェリーを用いる。

陽気なカモメが並走し、白波が生まれ死ぬ。

太陽は睨みをきかし、夏であることを強く誇る。

甲板で、潮風にかき乱される髪を抑え、君に口づけする。

「向こう」へ、さぁ。

また旅に出る

f:id:kz_thr:20180717131010j:image

オンボロの軽に期待を詰め込み、

窓をあけ放ち、洗い立てのHanesを帆のように膨らまし、

田園の海原を前へ前へと進む。

 

色濃い夏が、むせるほどの夏が、

まだ人に触れられてない夏があるのではと、

ひた走り探し続ける。

 

やはり、旅は何よりも甘美だ。

なんとなく、そんな気がする

f:id:kz_thr:20180711123106j:image

彼女に子供ができたかも。

俺がずっと、冗談で味覇って名付けると言ってた。

本気で名付けると怒られるかな。

買うと失う

f:id:kz_thr:20180705170315j:image

あの揺れた日に、スーパーにいった。

いろんなものがなくなってた。

賢しい人さまは、他人を蹴散らしても生きていこうとする。

 

空腹と意地汚さ、どちらが怖いのか。

その時がきたとして、崩れゆく家に、流されゆく家に、食べ物をおいてどうするんだろうか。

死んだあいつの、最後の言葉は「ありがとう」だった

f:id:kz_thr:20180703215015j:image

仲のいい、あいつが死んだ。

もう何年も、何十錠も薬を飲んでずっと入退院を繰り返してた。

 

どれだけ辛くても死ぬことは悪だ。

なぁ、そうだろ。

 

汚い命を抱えて、俺は生きる。

小さな海を作るために、夜の映画館で悲しい話を聞く。

f:id:kz_thr:20180627141402j:plain

潮の寝息を聞くたびに、

海から来た、生き物なんだと痛感する。

 

こんなに穏やかな気持ちになるのは、コンクリートの中では無理だろう。

小さな海を作るために、夜の映画館で悲しい話を聞く。

なつのあさは、どこにきせつがいるか、ふあんになります。

f:id:kz_thr:20180621210755j:image

おのは、どこからきて、どこにいくんでしょうか。

 


たましいがにごると、わからなくなります。

 


すこしだけはやおきをして。

いつもより、ていねいにからだをごしごし。

わかきかみそりで、すべておとし。

それはきれいに、きれいに、みづくろいをする。

 


そうでもしないと、おのがきたないきが、してしまい。

かなしくなるのです。

 


それでも、なつのあさは、どこにきせつがいるか、ふあんになります。